旧東海道歩き 桑名〜関

ずいぶん前の話で恐縮ですが、GWに東海道の続きを歩いてきました。
前回「宮」まで歩いたので、海を隔てた「桑名」からスタートします。



桑名と言ったらハマグリなのですが、朝早いのでどのお店もやっておりません。
ハマグリ大好きなんですけどー。
閉まっているお店を横目に歩いていくと、ただものじゃない感のすごいお店が。。

2_convert_20170926220808.jpg

あっけに取られて家族全員で見ていたら、中からおじさんが出てきて、
「うちはテレビとかにも出て有名なんだよ」と。
店に入ったら感もすごかったのですが、なんとなく先を急ぎます。
後でネットで調べると「神店」「カオス」「夏休みの思い出に行ってみた」とか
出てくる出てくる。ありがたみがわからなかったけど、会えて良かった。

その後、ランチ難民になりやっと見つけたコンビニで思い思いのものを食べ、四日市へ。

3_convert_20170926224354

2日目は四日市から井田川駅まで歩きます。

この旅で一番気に入った田んぼ歩き。

6_convert_20170926220846.jpg

「田んぼってなんかいいなあ、10年ぶりくらいに心が休まったなあ(大げさ)」と思っていたら
私以外の家族もみんなそう思っていたらしく、口々に「田んぼいい」「田んぼ癒される」と田んぼを褒めあう会に。
聞いていた(?)田んぼはさぞいい気分だったでしょう。

その後もふらりと寄った神社に天然記念物のスダジイ(椎の木)があったり

7_convert_20170926220906.jpg

なんか、安らかな日でした。

3日目は、井田川から関宿まで歩きます。
途中「亀山」とか「鈴鹿」とか、メジャーなところもあります。

8_convert_20170926220936.jpg

これまた気持ちのいい鈴鹿川沿いを歩いていたら、河原の方から人がぬっと出てきました。
すごーくこっちを見ていたのでつられて近寄ってみたら
わらびを手に「これ知ってる?」と聞いてきました。
知らないといった方がいいのか、はたまた。。。と逡巡してると
「どっから来たの?あげるよ」といきなりくださいました。
申し訳ないけど断るのもなんなのでありがたく頂戴し、先に進みます。

しばらく行くと、関宿へ。
ここは昔ながらの街並みが残っているので観光客もたくさんいました。

9_convert_20170926220957.jpg

蕎麦屋さんでビールを飲んで今回の旅は終了です。
いつの間にかどんどん京都に近づいてきています。
次は年末かな?お疲れ様でした〜。

10_convert_20170926221016.jpg


スポンサーサイト

まっぷるオーストラリア

  • Day:2017.09.06 20:56
  • Cat:仕事
弊社のお仕事がオーストラリア祭り状態と書きましたが、
その祭りの一つ
「まっぷるオーストラリア」



8月下旬にできました〜。
そして、これを持ってオーストラリアに行ってきました〜。
その様子はまた改めて〜。

オーストラリア2

  • Day:2017.08.07 11:07
  • Cat:雑記
ただいま弊社、お仕事がオーストラリア祭り状態となっております。
毎日毎日オーストラリアのことばかり考えています。

ということで、前回のブログでも書きましたが、今年の夏休みはオーストラリアに行くことに決めました!
「山に行きたい」「沖縄に行きたい」という家族に
「オーストラリアに行くのは今しかない!」
「子供の英語の勉強のため!」
と、ほんとかいな?みたいなことを色々言って。

で結局、やっぱりウルル(エアーズロック)です。
登山はしませんが、じっくりと眺めてきたいと思います。

オーストラリア

  • Day:2017.07.07 21:27
  • Cat:仕事
先日、仕事でオーストラリアのセミナーに行ってきました。
ウルル(エアーズロック)とグレートバリアリーフがテーマだったのですが、
セミナーが終了した時には「今年の夏休み、ウルルかグレートバリアリーフ、どっちにしようか」を悩んでいました。
一緒に行ったOも、「プレゼンが素晴らしすぎて、今すぐ行きたくなった」と。
周りにも耳を傾けると(旅行代理店の方が多いのですが)、「お客様にすすめる前に自分が行きたくなったよー」という声もちらほら。
エリアの魅力もさることながら、プレゼン力すごすぎ。
簡易版VRをお土産にいただいたので、家でもエア旅inオーストラリアをし
心も体もオーストラリア祭り(ニュージーランドさん、ちょっと気がそれてごめんね)!
ちなみにウルル(エアーズロック)の登山は2020年までは可能だけど、それ以降は禁止になるそう。
興味があったけど、登り始めは傾斜45度で鎖をつたっていくらしいし(おまけに一方通行)。
ウルルにした場合は、そっと眺めるだけにしよう。

「みかづき」

  • Day:2017.06.07 17:48
  • Cat:
最近読んで面白かった本。

みかづき_convert_20170607172208

「みかづき」森絵都 集英社

本屋大賞2位だった作品。
学校教育に不信感を持った、ある強烈キャラの女性が塾を立ち上げていく物語。
夫、母親、娘や孫も巻き込んでの一大事業となるその塾の成長と激しい家族模様が描かれています。
もともと補習塾の要素を持って始めるのですが、時代の成長と受験戦争の流れと家族の争いも経て、進学塾へと変貌していきます。でも、塾のあり方に対して夫婦の意見が違うことで、別居、親子断絶、裏切りなど様々なドラマが繰り広げられます。そもそも学校教育に不信感を持ち理想を掲げて始めた塾だけど、理想の教育って。。。と本の登場人物とともに考えさせられる作品です。

私自身も、そして私の娘も塾に通っていた(る)けど、
確かに塾ってどういう存在なんだろう。
私は受験をするため、親に言われるまま、なんの疑問も持たずに通っていましたが、
娘は補習→受験→補習と通塾する目的を変えて、
そしてそれに伴い塾も変えて通っております。
いざ自分が親になってみると通塾には悩みがつきもの。
勉強ができるから幸せになれるわけではない、という理念は持ってはいるが、
かといってなあという、
なんとなく安心のために通わせているけどどうなんだろう。
最近通い始めた塾の塾長さんは、娘が将来どうなりたいのか、それには今どうしたらいいのかと
娘と話し合い、その上で「娘さんはこういう子だからこういう対応をしたほうがいい」と
親の悩みにも答えてくれました。こうなるともう学校レベルです。
教育って?学校って?塾って?と娘の中間テストの成績とともに悩みを深めるのでした。