FC2ブログ

ニュージーランド超短期留学 その3

  • Day:2019.01.28 14:52
  • Cat:留学
ずいぶん前にニュージーランド超短期留学について書きましたが、その続きです。
学校が決まってまずしたことは、航空券と宿とレンタカー探し。
滞在方法はホームステイとか含めいろいろありますが、
気楽なコンドミニアム滞在に決めました。
家族4人だと、費用的にもお得だと思います。

タウポはリゾート地なので、コンドミニアムはたっくさんあります。
湖沿いとか丘の上とか買い物が便利な場所とか温水プール付きとか。
ネットで検索して悩んだ挙句、宿は温水プール&サウナ付きのヒルトン レイクタウポに決めました。
ヒルトンというとちょっと高そうですが、私たちが行った8月は、他のコンドミニアムと比べてもそんなに変わらない値段でお得な感じでした。
ウェブだと情報が少ないのですが、キッチン・食洗機・ランドリー付きの80平米の部屋があり、とーっても快適です。
下校後、子供達はすぐに温水プールに直行&1時間以上泳いだあとサウナで体を乾かしてから部屋に戻る、という生活をしてました。真冬とはいえプールに入れるというのは、子供達にとってはかなり楽しかったようです。

そして航空券は、直行便がいいのでエアニュージーのサイトで購入。

レンタカーもいろいろとありますが、日本語が通じるので安心なのと知人が経営しているので
サザンレンタカーで借りました。

タウポでの滞在中、食事は近くのスーパーCountdownでまとめ買いし、自炊。
外食続きは疲れるし、海外にいると日本食やアジアンがすぐに恋しくなってしまうので、自炊だとホッとします。
いずれの学校もお弁当持参なのですが、これまた日本とはだいぶ事情が違くてびっくりします。
子供達にみんなの様子を聞いたところ、りんごとバナナとシリアルバーとか、とにかくかなりざっくりとしたお弁当のようです。
お弁当全く凝らない派の私としては、とっても嬉しい状況。
フルーツ、ドライフルーツ、ナッツ、シリアルバー、スコーン、冷凍の春巻き(娘の要望による)ご飯などをキッチンカウンターに並べておき、子供達が食べたいものを自分でお弁当箱に詰める、という方式にしました。
ちなみにお弁当箱も日本のお弁当箱のように小さいものではなく、大きいランチボックスを持って行きました。

小学校も中学校も送迎は親がしないといけないので、行きも帰りも次女→長女の順番で車で送迎。
通学初日は一応手土産のお菓子を持って先生に挨拶をして、それ以外は学校の前に車をとめて子供が出てくるのを待つだけなので、なんとなく気楽でした。

つづく
スポンサーサイト

ニュージーランド超短期留学 その2

  • Day:2018.09.18 21:20
  • Cat:留学
留学期間は「2週間から」というところが多いのですが、
娘たちは部活があったり、塾があったりで夏休みといえども2週間を確保するのは難しいのです。
1週間で受け入れてくれるところがないかなーと、
ニュージーランドの留学をコーディネートしてくれるnzdaisuki.comに相談しました。
※ちなみに、知り合いの方の会社ですが、普通に頼みました。
よって費用もちゃんと払ってます。お金事情はまた改めて。

とりあえずざっくりと、

・1週間だけ留学したい(8月の最終週くらいで)
・オークランド以外のエリア
・中3(14歳)と小4(9歳)の娘の留学期間は同時期に
と希望を出しました。

「オークランド以外」と希望を出したのは、昔自分がオークランドに住んでいたことがあるし、なんとなく別のエリアに行きたいなーと思ったのです。

そうしたところ、タウポにある学校を提案していただきました。
長女はTaupo College
次女はWaipihihi School
という学校でした。

タウポ!リゾート地だし、ニュージーランドの中でも好きな街です。
これは縁だ!と決めつけ、他は探さず「ではここで!」とすぐに決めて申し込みました。

この時の思慮の浅い決断。
結果的にすごくよかったです。

ということでつづく。

ニュージーランド超短期留学 その1

  • Day:2018.08.14 00:35
  • Cat:留学
ニュージーランドへの親子留学が増えるといいなあと、ずっと思っておりました。
住んでいたからわかるのですが、安全だし、気楽に暮らせるし、英語圏だし、人は優しいし、ニュージーランドの大自然とそこに住んでいる生き物と人間との距離はいい意味で近く、日本ではなかなか味わえないものなのです。

以前旅行した時の話ですが、例えば、南島のある海に行ったらすぐ近くにオットセイが普通に寝ていたり、オットセイの赤ちゃんのたまり場があって、人間を怖がることなく近づいてきたりして驚いたことがありました。
子供達はもちろん大喜びでしたけど。
それにカヤックしてると、ペンギンが泳いでたりすることもあります。

特に、都会とかに興味がわく前の年頃の子が、親と一緒にニュージーランドで過ごすのはすごくぴったりなのです。
って書くと、とんてもない田舎だと思われそうですが、もちろんニュージーランドにも都会はあります。
ただ、「他の国と比べるとねー」って感じですし、それにニュージーランドの良さはそこではないのです!!!

ということで、ニュージーランドの親子留学を増やすべく、私も仕事として何かしたいなあとずっと考えていたのですが、「まずは自分が経験してみないと!」と、小学4年生と中学3年生の娘を、ニュージーランドの現地校に留学させることにしたわけです。
またもや親(私)の都合でごめんねー娘たちー。でもきっといい経験になるぞ!

娘たちに「ニュージーランドにちょっとだけ留学します」と伝えたところ、
「かっこいいニュージーランド人の彼氏ができるかな」
「友達になろうってなんて言えばいいんだ」
そして友達のママからは「ニュージーランドに留学するんだって?」と聞かれたので、どうやら言いふらしてるらしい。
案外前向き&楽しみなよう。単純な娘でよかったー。

ちなみに留学といっても超短期、1週間のみです。
親子といっても親は留学せず、子供達を学校に行かせている間は自由気ままに過ごすします。
英語がほとんど話せない子供達を、いきなり現地校にぽいっと入れたらどうなるのでしょうか。。
ちょっと楽しみ。

つづく