家族山行 大菩薩嶺編

この夏、仕事で富士山に数回登る事になりました。
子供たちも一緒なので、登れるのかどうかかなり不安ではありますが、
トレーニングも兼ねていつもより標高の高い山、大菩薩嶺に行きました。

上日川峠〜大菩薩峠〜唐松尾根〜上日川峠と1周するコースで、
標高1500〜2000メートルの中を歩くといった感じでしょうか。

上日川峠の駐車場は、到着した朝7:30の時点でもうほとんど満車。
あと数台というところにぎりぎり間に合いましたが、
3分遅かったらもう停められなかった。。。
みんな朝早いなー。

ということで、上日川峠を8時頃出発してテクテク歩くと
福ちゃん荘があります。



ここは食事も出来て、お風呂もあります。

IMG_0799_convert_20130627105239.jpg

福ちゃん荘から大菩薩峠に向かう途中はこんな景色が見られます。

どんどん登って行くと視界が開け、
じゃじゃじゃーんと大菩薩峠です。

IMG_7171_convert_20130627105309.jpg

絵になるなー。頂上は木々に囲まれていてうっそうとしているので、
ここで景色を堪能した方がよいです。
この先から岩場が少しあるのですが、子供たちはおおはりきり。
子どもって岩が好きなんですね。手を使って登るのが楽しいようで、
「そこは登らなくてイイでしょう」というルート脇にある岩も登ってました。

お昼は雷岩のヨコで持ってきた手作りカレーを食べましたが、
カレーってなんで外で食べるとおいしいんですかね。
家族全員「山ランチはカレーが一番だ!」と口を揃えていってました。

雷岩から先は下山ルートになりますが
とにかくひたすら下る下る下る。。。
石がごろごろしていて歩きにくいし滑りやすいのでかなり
気をつけて下ります。

しかし今回、子供たちがばてる事なく
とても登山を楽しんでいました。
2人して「楽しかったー。また来たい!」とのこと。

やはり2000メートル級になると見える景色が違うし、
雲は眼下に見えるし、楽しいのかもしれません。
※ちなみに途中「雲を食べてみなよ。甘い味がするよ(ウソですが。。)」
といったら雲がわーっときた時に一生懸命食べていた。
からかってごめんなさい。

4歳の娘は8キロ弱の行程を一度もだっこせず全部自分の足で歩いていたので
行き交う登山客に「わーすごいね!何歳?」とか
「オトナでも疲れるのにすごいね!」と、
とにかくずっとほめられいい気分になったようです。
ちなみに驚きのあまり「あれ、ここってケーブルカーあったっけ?」
という方もいました。

2000メートル級でこの景色だったら富士山はどんな感じなのか、
2人とも興味をもったようです。
富士山。。。もう来月です。
頑張れねば。
スポンサーサイト