FC2ブログ

「田舎の紳士服店のモデルの妻」

  • Day:2010.11.26 11:06
  • Cat:
本日2回目のアップ。
やることたくさんあるのになあ。

昨夜一気に読み終えてしまったこの本。

田舎の紳士服店のモデルの妻

「田舎の紳士服店のモデルの妻」
宮下奈都著 文藝春秋

「王様のブランチ」での著者インタビューの
著者のステキな雰囲気に魅了され、購入。

帯には
10年後の自分、想像できますか?
田舎行きに戸惑い、夫とすれ違い、子育てに迷い、恋に胸騒がせる。
じんわりと胸にしみてゆく、愛おしい「普通の私」の物語。

とありますが、この帯の言葉だけでは
この本のよさが全然足りなーい!

というかこんなに人の細かい心の動き、変化を書けるってすごい。
普段著者はこんな風に思っているのか
自分で思っていることを記録(記憶)しているのか
作家は自分をさらけ出す商売だ、
とはどなたかから聞いた言葉だけど
まさにそんな感じなのか。。。
いろんな人の琴線にふれる作品のような気がします。

すっかり宮下奈都さんのファンになり、
先ほどアマゾンで“スコーレNo4”を注文。

本屋さんに人気のある作家さん
ということですが、
とてもうなずける作品と著者を知れて
うれしいと思いました。
せっかく買ってもはずれるとがっかりしますので。


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)