FC2ブログ

「親子でチャレンジ!」富士登山

やっと発売されました!!!




「親子でチャレンジ!富士登山」
昭文社発行
です!

昨夏はこの取材で、4回富士山に登りました。
仕事とはいえありがたいことです。

周りのママ友達に話を聞くと、
「一度は子どもと富士山に登ってみたい!」
という意見が結構ありました。

登山をする人もしない人も、一度はチャレンジしてみたい山なのですね。

大人でもつらい道のりなのに、子どもが登頂できるのかやや不安ではありますが
事前の準備と知識とコツがわかれば大丈夫です。

その辺の情報をぎっちり詰め込みましたので、ぜひお手にとってみてください。

今年の夏はぜひ富士山に!

家族山行 大楠山編

まだまだ雪の残る山を避け、三浦半島の大楠山に行ってきました。
子供たちは久しぶりの山に大喜び。
「緑豊かな山に行きたい」「のんびりしたい」「温泉に行きたい」
と勝手な意見を言う家族の要望になるべく応えるべく、
どの山にしようか前日まで悩み、大楠山にしました。

大楠山に登るにはいくつものルートがあり、まずどれにするかが悩みどころ。
久しぶりの山だし、楽しみながら行きたいなあ、、、と前田橋からのピストンにしました。

車で向い、立石公園に駐車。
駐車場からは「立石(石の名前)」の後ろに富士山も見えます。

IMG_1777_convert_20140325123955.jpg

ここから前田橋バス停までテクテクと舗装路を歩き、
ちょっとまがって渓谷入り口を降りていきます。

IMG_7655_convert_20140325124059.jpg

階段を下りてしばらく川沿いをあるきます。

IMG_8746_convert_20140325124025.jpg

増水したら絶対にココは歩けないだろうというところで、
飛び石を渡っていきます。
落ちないように歩くのが私的にはほんの少し緊張しました。

途中には小さい滝もあります。

IMG_8463_convert_20140325124132.jpg

川沿いの道が終わると今度は登山道へ、
そんなに急なところはないけれど、ひたすらのぼりが続くので少し疲れます。
が、山に飢えていた子たちはずんずんと歩いていき、私は気づいたらまた最後を歩いていました。

大楠山頂上付近には、菜の花ばたけ〜が〜。

IMG_5088_convert_20140325124232.jpg

頂上の写真をなぜか撮り忘れたのですが、富士山やアルプスの山々(多分)が
きれいに見えます。

下山後は駐車場前の海岸で貝拾いを。
私以外の3人はなぜか熱中し、1時間くらいひろっていたのでは。

IMG_0776_convert_20140325124309.jpg

そのあと阿部倉の温泉に行きましたが、
駐車する際に温泉宿の前の測溝に車の片側の前後輪を落とし(夫が)、
車が動けない状態に。
駐車する際に「危ないから見ようか?」と言ったのにこんなことになり、
かなり冷たい視線を送り夫をおいて子どもと温泉へ。
ちなみに宿の方曰く「30年以上温泉宿をやっていて車輪を落とした人は初めてだよー!」とのこと。
測溝にはご注意を。

終わりはちょっとよくなかったけど、
川あり、山あり、森あり、海あり、温泉ありのとってもお得な山でした。
登山道にはそんなに危ないところもないので、山デビューにも最適な山かもしれません。

家族山行 日和田山・物見山編

今更のアップですが、新年早々の1月2日、日和田山・物見山に行ってきました。
当初は大山に行く予定でしたが、積雪があるという事で変更。
親子登山は安全第一です。

ルートは日和田山登山口にある駐車場に車をとめ
男坂経由で日和田山→物見山のピストンです。

最近は子供たちから「山に行こう」と言われる事も多く、
今回もとっても張り切っております。

男坂方面に進む小さい登山家その1
IMG_4127_convert_20140124115043.jpg

小さい登山家その2
IMG_8122_convert_20140124115140.jpg

日和田山は低山ですが、岩場があってとても面白い山でした。
この季節にはオススメです。

IMG_6252_convert_20140124115207.jpg

山の途中にある神社でラーメンを食べ、
とってものんびりとした日でした。

家族山行 高水三山編

11月は2回目となる家族山行。
今回は渋めに奥多摩にある高水三山です。
(ちなみに高水三山は、高水山、岩茸石山、惣岳山の3つの山のことをいいます。)

軍畑駅から三山を縦走し御嶽駅に降りるという一般的なルートを歩きました。
事前に地形図を購入し、ルート周辺にある地図記号の確認と急勾配がどの辺かを娘が解読するという
勉強も兼ねてみました。
しかし、果樹園だけが気になったようで(買って食べたいだけ)、
道を歩きながら「果樹園はどこだ」「果樹園はどこだ」とそればかり言っていました。

紅葉の時期だから混んでるかなー、と思って向かいましたが、
山は空いていて、久しぶりに気持ちよく山歩きが出来ました(歩き始めの時は)。

IMG_6494-1_convert_20131125160538.jpg

ただ!山は狩猟解禁の時期。
森の中を歩いていたら遠くから「わんわん!」と
激しい犬のなき声が聞こえてきたわけです。
何だと思ったら、首にレーダーをつけて放し飼いにされているドーベルマン的な猟犬が2匹、森の向こう側からこちらに向かって走ってきたのです!
(想像してみてください。ちょっとこれ、相当な恐怖なわけです。)

まさか我々の所にはこないだろうと歩いていたら犬の視線は私の横にいた4歳の娘。
娘は恐怖のあまり震えながら泣き叫びましたが、その間に猟犬がガシッと娘に飛びかかりました(噛みはしない)。
私は急いで娘を抱っこしましたが、猟犬はずっと娘に飛びついて離れません。
とにかく抱っこしながら歩いて、他の人(特に、「騒いでるからくるんだよ」と冷静に言っている夫)の所に行かないかと振り払ったらやっと離れて行きました。
娘は怯え続け、しばらく抱っこしながら歩きました。

そして恐怖はまだ続き、なぜかこの三山の頂上に到着する度にこの猟犬がいるのです。
お腹がすいているのか、人間たちのおやつや食べ物をあさろうとしてます。
「狩りをしてなさい!」と一応言ってみましたがもちろんダメでした。
そんなことで、山歩きというより猟犬に追われる旅でぐったり疲れたわけです。
クレームを言うにもどこに言えばいいのか分からないし。

ただ娘に「そういえば犬を飼いたいと言っていたけどあれはどうするの(犬を飼うのは反対だったのです。言うことを聞かない娘2人で十分)?」と抜け目なく聞いたら
「もう飼いたくない」と言ったので、それはそれでよかったなと思った1日でした。

家族山行 金時山編

天気のよかった連休の中日、家族で金時山へ行ってきました。
金時神社に車をとめ、バスで乙女峠までいき、
〜乙女峠〜長尾山〜金時山〜金時神社のルートです。

バスをおりたら、目の前に富士山がじゃじゃーん。



路駐して写真を撮っている人がたくさんいました。
今日は、よく見える日なのでしょうかね。

富士見茶屋の道路反対側に登山口があり、登山開始。
登山道はすでに秋が始まりかけ、もう少ししたら紅葉の見頃になるのだろうなあという感じです。

IMG_2825_convert_20131105132743.jpg

ラッキーなことに登山中はずっと富士山が見えてました。
それはそれは本当にきれいでした。

乙女峠でパチリ。
IMG_5426_convert_20131105132810.jpg

休憩しながらパチリ。
IMG_3148_convert_20131105132842.jpg

途中、おやつをぼーっと食べていたら
「あのー。親子ハイキングの本(「東京周辺 子どもとおでかけ日帰りハイキング」のこと)
に出ていませんでしたか?」と声をかけられた!

「いつも(山を歩く際の)参考にしてます」と言われてすっごくうれしかったです。
ありがとうございました。

「よく気づきましたね!!」と言ったら
「お嬢さんたちの顔で。。。」とのこと。

娘たちは「なんだか有名人になっちゃったみたいだよ」と困ったふりして内心喜んでました。

今回驚いたのは、娘たちが山を歩くのがとても上手になったこと。
段差の少ない道を選んだり、浮き石に気をつけたりと、
カラダが覚えたのか、すいすいどんどん歩いていってしまいました。
いつもなら、「もうちょっと早く歩こうよ」と言っていた気がするのに
気づいたら私がいつも最後を歩いていました(まあゆっくり景色を堪能していたんですけどね。言い訳)。

帰りは急遽見つけたマウントビュー箱根の日帰り温泉へ。
貸し切り露天風呂にしたのですが、
温度がアツめで子供たちは大騒ぎ。
せっかくの温泉なのにあまりゆっくり出来ないといういつもの感じでした。

IMG_9441_convert_20131105132936.jpg