FC2ブログ

「我が家のヒミツ」

  • Day:2018.07.10 11:46
  • Cat:
ここ最近、池波正太郎著「真田太平記」を読みふけておりました。
全12巻のうち7巻まで読んだところで、天下分け目の決戦続きにやや疲れてきたので、別タイプの本を購入。
私の大好きな作家・奥田英朗さんの本です。

「我が家のヒミツ」集英社文庫

我が家のヒミツ

久しぶりに奥田さんの作品を読んだからか、文体の懐かしさと共にホッとしました。
決戦ばかりで疲れていたのでしょうか。読書で疲れるのもなんですが。

家族が抱える問題をテーマにした、6話の短編が収録されています。
それぞれ私たちの身近におきていそうな話ですが、ホロっとさせられるのです。
そして、心が温まるのです。
ちなみに、「手紙にのせて」は、ホロっとどころか号泣してしまいました。
娘たちに、「最近読んだ小説がすごく感動してね」とストーリーを説明しながらまた涙目に。
(やはり、疲れていたのでしょうか。。。)
ちなみにこちらの家族シリーズは
「家日和」「我が家の問題」に続き第3弾目となります。

超短期留学

今年の夏休み、2人の娘をニュージーランドの現地校に超短期で留学させることにいたしました!
前からちらっと考えていたのですが、やっと今年実行できます。
すでに学校に申し込みを済ませており、あとは細かいところをつめるのみ。

部活や塾、学校の行事といろいろとあるので、学校に通えるのは1週間です。
私と夫ももちろんついていき、コンドミニアムに滞在する予定です。
詳細が決まったら報告したいと思います。

旧東海道歩き 関〜大津

これまたずいぶん前の話で恐縮ですが(ブログの意味がない?)、
2017年の年末に旧東海道の続きを2泊3日で歩いてきました。
今回は「関」宿からのスタートです!

冬&山の方ということで気温は3度以下。。
スタート時はウソのように晴れていたのですが、
その後だんだん曇り&雪になりました。

sekijyukyu_asa.jpg

今回の行程には最後の難所「鈴鹿峠越え」があります。
子供達には全く問題ないけど(むしろ峠歩きの方が好き)、同行している両親は大丈夫かな?
特に父は80歳過ぎてるのです。
ということで、鈴鹿峠を控えた「鈴鹿鳴子唄会館」にてとりあえず休憩。

kaikan.jpg

ちょっと体をあたため空腹を満たし、いざ出発です。
鈴鹿峠を歩き始めたあたりから小雪が舞ってきました(写真だとよく見えませんが)。
なんて過酷な状況。寒いし、急だし、人の気配もないし、修行のようです。

suzuka.jpg

ゆっくり歩きながら峠をこえると、そこには茶畑が広がっていました。

tyabatake.jpg

その後、休憩する場所も全くなく雪が降る中を黙々と歩き
道の駅「あいの土山」に到着。1日目は終了です。

東海道ウォーカーの方にとって、この辺りは宿泊場所に困ると思うのですが、
我々は「ダイヤモンド滋賀」に宿泊し、道の駅「あいの土山」から送迎してもらいました。
この方法は便利です。

2日目・3日目は、とにかくとんでもなく寒い中ホカロンを一人2個常備し
ただ黙々と歩いた記憶しかありません!
特に3日目のランチは、年末ということもあり食べられる場所が見つからず、、、
寒い中、コンビニの外で立ち食いカップラーメンをしました。
小学生〜80代の我々のそんな姿は、地元の人には「変なヤツら」に見えたことでしょう。

でも、子供達にはとても楽しい経験だったらしく、寒さもあまり気にせず、
公園を見つけると走って行ってブランコに乗っていました。

kouen.jpg

そんなこんなで無事目的地の「大津宿」に到着。ここは中山道との合流地点でもあります。

thumb_DSCN1972_1024_convert_20180509110338.jpg


ゴール地点の京都まで、あともう少しです!


「1Day プチハイク」

  • Day:2018.03.27 16:12
  • Cat:仕事
お仕事のお知らせです。
弊社が制作した「1Dayプチハイク」発売しました!!



登山というよりは、近場(低山含む)を気軽に散歩してみよう!というノリの本です。
もちろん、おしゃれなカフェやお土産などのお楽しみ情報も満載となっております。
忙しい毎日(忙しくなくても)、自然にふれるだけで気持ちよくなること間違いなし。

ぜひご覧ください!!

「ことりっぷメルボルン」

  • Day:2018.03.06 16:22
  • Cat:仕事
弊社が制作した「ことりっぷメルボルン」発売しました!!

ことりメルボルン_convert_20180306161650

なんだこの華やかな料理は!という感じの表紙です。
直航便もたくさん出ていますし、「ことりっぷメルボルン」片手にぜひメルボルンへ〜。