fc2ブログ

イギリス留学その後のその後

  • Day:2022.03.17 17:42
  • Cat:雑記
随分前に娘の「イギリス留学その後」を書きましたが、その後のその後の話です。

ニュージーランドの高校に留学するために日本の高校を辞めたのですが、
NZが鎖国してるため、にっちもさっちもいかなくなってしまい、直接「イギリスの大学留学を目指そう!」となった話をしました。
娘の状態で大学留学を実現させるにはいくつか条件があり、まずは日本で受講できるファウンデーションコースに入学するための試験に挑戦しました。
試験は何回受けてもいい、というあたたかいルールのもと(涙)、何度目かにギリギリ合格しました。

そして、2021年3月から本コースの授業が始まりました。
コロナ対策で授業は全てオンラインです。オンラインでネイティブの英語の授業、、、大丈夫かしら?と思いましたが、
人間やってみると何とかなるようで、とにかく一歩ずつ目標に向かって進みはじめました。

授業は、ビジネス、社会学、数学、EAP(English for Academic Purposes)
とありその成績で入学できる大学が決まります。
娘はそもそも高校を卒業しておらず、高卒認定試験(まだ受かってない)で出願するので条件は悪いのですが、細かいことは気にしてもしょうがないーです。

授業とは別に、大学への出願は先に進めるようで、そちらの準備も進めました。
どこの大学に行きたいとかの前に、まずは何を学びたいかを追求することが必要となります。
娘は当初、「環境学」や「平和学」を学びたいと言っていたのですが、留学会社のカウンセラーさんと話したり、
家族でも何度も対話を重ね、自分の考えを突き詰めた結果(これが大事)、「社会学」を学びたいということになりました。

社会学を学びたいと決めたら次にやることは、なぜイギリスで社会学を学びたいかを自己紹介を含め英語でまとめる作業です。
こちらはパーソナルステートメントといって、文字数行数などが決まっており、その範囲内で簡潔にまとめます。
イギリスの大学にはUCASというシステムを使って出願しますが、UCASにパーソナルステートメント、高校の成績表(英文・娘の場合高1で退学したので高1の分だけ)をはじめ指定の書類をアップロードし、希望の大学を3校登録します。
テストなどはなく、これだけでまずは大学側が審査してくれます。

審査は案外すぐ済み、希望を出した大学から現状の条件でも特に問題ない、と仮合格の連絡をもらいました。
一流大学にも出願したので、高校を卒業してなくても大丈夫かどうか不安だったのですが(難しいかもとは言われていたので)、そんなこと気にしなくて良い、といってもらっているようで嬉しかったのを覚えています。さすがイギリス。
ただ、仮合格と言っても条件があり、本コースで一定の成績をとることが必須で、こちらは大学ごとに条件が違います。

その後本コースを受講し、テストを何度か受けレポートを出したりして、成績が出てきました。。。。
成績、、、、第一声は「うーん、やりおったな(悪い意味で)!!!」でした!
ビジネスやEAPは想像よりはまあよかったのですが、問題は数学。。。。。最悪な成績がついてました。
この成績では拾ってくれる大学はないのではないか、、、と絶望・どん底に。
何にしろ、成績が出たら条件を満たしてなくても大学側に提出し、その判断を待ちます。
結果はUCAS上で向こうのタイミングでアップされます。奇跡が起きないかと毎日祈るような思いで待ち、
結果1校が拾ってくれました(涙)!ありがとうございますー!!!!!

と喜んだのも束の間、「あれ、高卒認定試験まだ受かってなかったよね」、と我にかえりました。
そうなんです。高卒認定試験が受かってないと、大学は入れなかったような。
ということで、入学の意思を返信しつつ、高卒認定試験の結果を待つ日々は本当につらかった。

結果が配送される日は家にいることができず、駅の周りをぶらぶら。
娘から電話があり「受かった!!!!」と。

あーこう思い返して書いてみると、ニュージーランドの高校留学を決めてから、どれだけドキドキな日々を送っていたんだろう、と思いました。同じ状況の人が一人もいなかったので、訳もわからずとにかくもがいたという感じでしょうか。留学会社でも初めてのケースだったと思います。でも、渦中にいると必死なので気づかないもんですね。

ということで、途中かなりはしょりましたが、娘は無事2021年の9月からイギリスの大学に留学することができました。
現時点ですでに渡英から5ヶ月経ってますが、大学内でまだ日本人に会ってないようで、イギリスでは英語しか話してないとのこと。
大学には16歳の子もいるし、29歳の人もいるし、年齢も人種もさまざまのようで、社会学を学ぶには最高の環境ではないかと思います。

しかし、入学したら入学したで今後は卒業できるのかが心配になりますね。親の心配は尽きない、ということがわかったところですが、とにかく本人が留学生活を楽しめるよう応援したいと思います。









空手

  • Day:2022.01.18 10:59
  • Cat:雑記
ぼーっとしてたらいつの間にか年が明けてました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

3年前に思い立って始めた空手。年末に開催された都大会に初出場しました。
私みたいなものが出ていいのかと逡巡しましたが、「とにかくやってみよう!」と背中を押され決意。
いつもより多く稽古し、大会に備えました(一緒に出場を予定していた夫は稽古中に指を骨折し出場不可に)。

形と組手と両方出場しましたが、組手では(棚ぼたで)敢闘賞をいただきました!

_convert_20220118110014.jpg
↑階級(年齢)が書いてあるので隠してます

想像以上に試合を楽しめ、空手への熱意も増してきました。
いくつになっても、やりたいことはやってみるのが大事だな、と思う今日この頃でした。



イギリス留学その後 

  • Day:2021.10.20 14:30
  • Cat:留学
娘がイギリスに短期留学した、と以前書きましたが、その後の話です。

イギリスから帰国後、ニュージーランドの国境は依然開きませんでした。
これまでのニュージーランドの動向を見ていると、まだまだ鎖国状態は続くだろう、と感じました。
高校留学するために日本の高校はやめてしまい、ニュージーランドの高校とは入学手続きも済ませ、授業料もホームステイ代も払い、ビザも申請し、あとは行くだけの状態なのです。
でも、入国できない!
高校探しや入学手続きやなんやらで時間もお金もかかったのに、なんで〜!!!というモヤモヤ状態にまた戻りました。

でも、もうこれは、「手続きが大変だった!!」とか、「時間がかかった!!」とか過去のそういうことには囚われず、
未来に向かって別の方向に舵を切ろう!と決めました。
娘も私も家族も、ニュージーランドの開国を「待つ」状態にすごくつかれてしまったのです。
このコロナ禍で、そういう方は多分たくさんいらっしゃっただろうと思います。

”そもそもニュージーランドの高校に留学しようとしたのは、イギリスの大学に留学するため”、という本来の目的にしたがって、ここはもう高校に行かず、直接イギリスの大学への留学を目指そう!と決めました。

とはいえ、娘は日本の高校は1年しか通っていないし、直接大学留学するのはだいぶハードルが高そう。
でも前(なのか後ろなのか不明)に進むしかない!と、イギリスの短期留学を斡旋してくれた留学会社に相談しました。
この会社は留学の斡旋もしてますが、イギリスのいくつもの大学の日本支部(という言い方が正しいのかは不明)もしていて、そもそもその目的でコンタクトをとった会社だったのです。

相談したところ、娘の状態で大学留学を実現させるには、

1、高卒認定試験を受けて全科目合格し、高卒認定をとる(昔の大検というものです)
2、大学留学するための資格をとる。具体的にいうと日本で行われているファウンデーションコースで一定以上の成績をとる
3、ファウンデーションコースに入学するための試験に合格する

といったことでした。
その他personal statementという、なぜ自分がイギリスの大学で学びたいかという志望動機書を英語で書いて提出するなど
提出書類もさまざまあります。

上記簡単に書きましたが、そのハードルは高く、特にファウンデーションコースは日本で授業を受けられますが、
外国人による英語の授業で、科目は
・ビジネス
・社会学
・数学
・EAP(English for Academic Purposes)
とあり、テストに加え、論文的なものも書いたりしなければなりません。
しかし、私の娘、確か英語の成績、10段階で3とか4だったような。。。。まあ1がないだけいいか。。。。。
といった状況でした。
これが2020年11月の話でした。

(長くなったのでつづく)

北アルプスへ その2

  • Day:2021.09.15 17:00
  • Cat:仕事
山のお仕事その2で北アルプスの立山に行ってきました。
取材前日は大雨で、アルペンルートに続く道路は閉鎖中(長野方面からのアプローチ)。
取材当日、戻ることも想定し見切り発車したのですが、道路が無事開通して立山まで行くことができました。

雷鳥沢キャンプ場でテント泊をしましたが、案外空いててよかった。
混雑時はトイレに1時間並ぶほどだとか。。。

立山

しかし、山ではコロナよりもクマさんがコワイですね。
ちょっとの物音にドキドキして安眠できず。
不眠を解消するため(?)、温泉に入ってビールを飲んで富山の珍味をいただき、
またまた最高のお仕事でした。

北アルプスへ

  • Day:2021.08.05 15:33
  • Cat:仕事
山のお仕事その1で、北アルプスの燕山荘に行ってまいりました。
燕山荘は燕岳の稜線上、標高2712メートルにある山小屋です。
とっても美味しいスイーツに生ビールまで飲め、施設も綺麗に整えられているし、登山者にはとても人気なのです。
私は過去にも行ったことがあり、今回は2度目の訪問です。
到着後お仕事して、そのあとは雲の上のビアガーデンで生ビールを堪能。
あー幸せってこういうことを言うんだろうなー。
こんな素敵なお仕事をいただき、感謝の気持ちしかない!と、ビールをおかわり。
燕山荘の滞在を満喫してきました。

IMG_3030_convert_20210805145702.jpg
奥に見えるのが燕岳。手前は燕山荘のテント場