FC2ブログ

「ことりっぷメルボルン」

  • Day:2018.03.06 16:22
  • Cat:仕事
弊社が制作した「ことりっぷメルボルン」発売しました!!

ことりメルボルン_convert_20180306161650

なんだこの華やかな料理は!という感じの表紙です。
直航便もたくさん出ていますし、「ことりっぷメルボルン」片手にぜひメルボルンへ〜。

オーストラリアに行ってきました。ブリスベン編

  • Day:2018.03.05 11:12
  • Cat:雑記
旅の最終地ブリスベンです。
もともとブリスベンに来る予定は全くなかったのですが、飛行機の関係で寄ることに。
でも来てみたら、とても素敵な街だった!
川を中心にオフィス街やホテル、住宅などがあり、とてものんびりとした雰囲気です。
定期的に船が運航しているのですが、驚くことに乗船料は「タダ」です。
ですので、通勤時は長蛇の列ができます。



有料の船もあるのですが、そちらはガラ空きでした。
通勤ラッシュの船に乗ってホテル対岸のレストランで朝食をいただきました。

朝食

川沿いの道は整備されているので、朝からウォーキングしている人がたくさんいます。
リタイアした人たちだと思いますが、ウォーキングした後仲間と待ち合わせ、
朝食をとっている人を何人も見かけました。優雅だなー。
日本もこういう風になるといいのにな。なんか余裕があるんですよね。

その後子供達のリクエストによりコアラに会いにローンパインコアラサンクチュアリーへ。

コアラいますが、寝てます。

コアラ2

koara1.jpg

観光客用にコアラ抱っこの時間があったので無事抱っこはしました。
他にカンガルーもいましたが、こちらは筋肉がすごい。

kanngaru-.jpg

カンガルーやワラビーと戯れてお昼過ぎまでいました。

その後ローカルバスで街まで戻りブラブラ散歩。
夫と次女はホテルのプールに入ってました。一応季節冬なんですが。

pu-ru.jpg

冬でも我慢すればプールに入れるって不思議。
でも、ブルブル震えながら入って楽しいのだろうか。。

夜は川沿いを散歩しながら夜景が綺麗なレストランへ。

yuugata.jpg

resutoran.jpg

仕事してるし、とちょっと義務っぽくオーストラリアにきましたが、
とっても気に入ってしまいました。
コアラとカンガルーの人形をお土産に、オーストラリアLOVEな人になり帰国しました。

オーストラリアに行ってきました。ウルル(カタジュタ)編 その3

  • Day:2018.02.05 16:58
  • Cat:雑記
オーストラリアから帰国してすでに半年近く経つのに、
オーストラリア旅行のことをまだ書き終えてない。。。
ブログ上とはいえ旅が終わらないとなんかしまらないので、
今更ですが、その2からのつづきです!
ウルル3日目は、朝日を見たあとカタジュタ(こちらも世界遺産)を歩くツアーに行きました。
防寒をしっかりするように!と注意書きがあったけど、その寒さ甘く見てました。
隣の方を見ると厚手の布団のようなものを持ってきて体に巻いてます。
こちらはダウンオンリー。寒い。。。と思えば、短パンの方を発見。どういうこと?!

ベスポジを確保し、日の出を待ちます。。
以下全く加工してない画像です。

ウルルと日の出



カタジュタと日の出

カタジュタ

感動して見てたのに、子供達が
「ねー!寒いから早くバスに戻ろうよ!」としつこく話しかけてくるし、やっぱり寒いので
さっと戻ります。

その後、カタジュタにバスで向かいます。
カタジュタは36の岩山で形成されていて、
実際に行ってみるとエアーズロックより迫力のある印象。
私たちはこの岩山の「風の谷」までトレッキングしました。
普段登山をしているせいか、特に問題なく歩けました。

日本では、岩山を歩くということはなかなかできないので、楽しかった!

カタジュタ2

カタジュタ3

そして次はブリスベンに向かいます。
つづく!

今年もよろしくお願いいたします

  • Day:2018.01.09 09:48
  • Cat:雑記
新築したO宅で新年会をしました。
とってもおしゃれなおうちで、暮らしやすそうだしすっごくステキ!!

仕事で忙しく、ほとんど徹夜状態のOがおつまみを準備してくれました。

IMG_4226_convert_20180109093702.jpg

私はニュージーランドワインを持参し、いつもの通り長居。
新年早々なぜか老後の話に花をさかし、保険の見直しをしようと決意。

居心地良いのでO宅での飲み会が増えそうな年になりそうだなー、と思いながら帰宅しました。

今年もよろしくお願い致します!

オーストラリアに行ってきました。ウルル(エアーズロック)編 その2

  • Day:2017.12.06 16:26
  • Cat:雑記
ワイン購入で苦労した次の日は、いよいよウルルです!
通常ツアーで行く方が多いようですが、我々はホップオンホップオフバスで向かいました。
降りる場所は選べるのですが、とりあえずメジャーな登山口へ。
登山口といっても、ウルルはアボリジナルの聖地であるので
本当は登らない方がいいらしいです。
我々が行った日は風が強かったので、こんな看板が。

Dontclimb.jpg

登山禁止ということですね。
もともと、登山するつもりはなかったので周辺を散策します。
散策途中、自転車でスイスイ走っている観光客を見かけたら、
娘たちがどーーーーしても自転車に乗りたい!といい始めました。
「いい子にするから」「他に何も望まない」とかいろいろ言ってるので(信用できないが)
とりあえず自転車を貸してくれるところに行ったら、自転車借りるだけなのに4人で1万5千円くらいします!
独占的な商売だからってやりすぎでしょうと思いながら
「他は何も買わなくていい」「自転車さえ乗れれば最高」とか
さらにたたみかけられたので、しかたなく借りました。

自転車

自転車に乗ったらブレーキがきかず、
「あのーブレーキがきかないんだけど」といったら
「ハンドブレーキは壊れてるけど、ペダルを反対に動かせば止まる」と言われました。
なんで1万5千円以上払ってそんな自転車に乗らなければいけないのか疑問に思いましたが
やってみたらすぐ止まったのでまあいいかとそのまま出発。
ちなみに見た目は普通のママチャリです。

自転車でウルルを半周くらいしましたが、撮影禁止!という箇所がとても多く
また、ウルルの全貌をアップするのもよくないっぽいのでとりあえずブログに載せるのも控えたいと思います。
さすが聖地。

夏はハエがすごくて洋服の中にまで入ってくるそうですが、冬はほとんどいなくて快適でした。
おまけに暖かくて(暑いくらい)半袖でも良いほどなので、ウルルに行きたい方は冬が断然オススメです。

つづく